2019年8月10日起こった賃貸業界の事件

最終更新: 2019年11月8日




賃貸住宅の仲介手数料は原則0.5カ月分 手数料の一部返還認める 東京地裁

賃貸住宅を借りた際に、家賃1カ月分の仲介手数料を支払った借り主の男性が「原則は賃料0.5カ月分だ」として、仲介業者の東急リバブル(本社・東京都渋谷区)に手数料の一部返還を求めた訴訟で、東京地裁(大嶋洋志裁判長)は「業者が男性から承諾を得ていなかった」として男性の請求を認めた。


今後、賃貸トラブル が予想されますね。





15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示